ゾンビボーイのことを調べてみて、私が思ったこと

ゾンビボーイが自殺をしたというニュースを観て、始めは誰のことか分かりませんでしたが、タトゥーを体中に入れてギネス世界一になった人だと知って、あぁ聞いたことあると思いました。それで、どうしてタトゥーをこんなに入れるようになったのかが知りたいなと思ったのでゾンビボーイの経歴を調べてみました。そしたら15歳の時に脳の腫瘍を取る手術をしたんだそうです。その直後から自分のことをゾンビだと言うようになり、廃墟に住んだりするようになって体にゾンビ風のタトゥーを入れるようになったそうです。私はそれを知ったときに、脳に大きな怪我をして手術をしたら穏やかで優しい性格から、怒りっぽく癇癪持ちになり皆から嫌われるようになった男性のことを思い出しました。その男性は、それまでの人生から全く違った人生を歩むことになりましたが、ゾンビボーイも脳に腫瘍ができずに手術をしなくてよかったら、きっと違う人生になっていて、ゾンビボーイは誕生しなかっただろうと思います。脳というのは、とても大事な部分で少し傷付いただけで、その人の生き方を変えてしまうぐらい怖いんだと思いました。借り入れ acom