現在、クラフトビールにはまっている

さきほどまで、ビールといえばキリンとかアサヒとか大手のクリエーターのをそれほど飲んでいた。しかも発泡酒とか第3のビールとか、ほとんどこだわらずに飲めれば嬉しいくらいの心地だったのだけど、最近になって、クラフトビールにはまってしまった。
ウェブ通報や雑誌で話題になっていることも多いし、近所のモールの店舗が広くなって、たくさんの種類のクラフトビールを売り出したから、軽い気持ちで飲んでみたのだけど、最初は、その種類の多さにびっくりして、こうしたビールもあるんだという感嘆がすごかった。ビールといえば、炭酸強めで苦々しい一品だと思っていたけど、愛くるしいビールも酸っぱいビールも、メチャ苦々しいビールもいる。ワインも我が国酒もスピリッツも、こういうバラエティーには敗れると想う。何やかや呑み比べてみたくいけど、もちろん普通のビールよりは高めだし、種類がありすぎて、自分の贔屓がいまひとつつかめない。
調べてみると、入場費用だけで色々なクラフトビールを呑み見比べできるような事件も行われているようなので、次の事件には行ってみたい。そして、飲んだ地の薄いビールを多彩呑み比べて、自分勝手の完売を見い出したい。内面のビール観ががらっと変わってしまって、困りつつも、初々しいビールとの出会いが楽しくて仕方がない。