ゆっくりと過ごせるようになるといいですね

お金のこともありますが、や張り、定年は、60歳にして、老後は、ゆっくりと、過ごせるようになるといいですよね。昔は、今ほどお金がなかったのに、どうして、老後が早くても生活ができたのでしょうか。物価が安かったのでしょうか。大家族なので、なりたっていたのかもしれません。この調子でいくと、若い人は、週休3日となり、60過ぎても働くという世界となりそうです。それでも、いいのですが、特に60歳以降はです。若い人は、3日も仕事を休んでは、日本の民族性とあわないような気がします。時代は進化しても、休んで、給料が少ないという時代よりは、働いて高い給料のほうがありがたいような気がします。
子供を東京で育てることが前提ですよね。それよりは、地方で働ける方がありがたいでしょう。親も親となったからには、子供のことを考えて、住まいも便利をあきらめ、親元でのゆっくりを堪能する方向に切り替えたほうがいいのではないでしょうか。