素人でも本当に簡単だった!100均UVレジン液でのアクセサリ作り

最近、100均の趣味・手芸コーナーで見かける「UVレジン液」はご存知でしょうか?
これは平たく言うと「紫外線で硬化する、液体プラスチック」のことで、これを使えば簡単に、オリジナルのプラスチック製品が作れるというものです。
以前から気にはなっていたのですが、UVライト(紫外線を照射する小型のもの)が必要だと聞いていたため、手が出せずにいました。
しかし、思い立って手に取ってみると、説明書には「日光でOK」の文字。しかも、UVライトほど短時間(数分)ではないものの、厚さによっては日光でも1時間もかからないと記載されていました。
ならば、と思い立って、そのまま購入。同時に、ネイルアートにも利用可能な青のラメの粉末と、型取り用に、お湯で柔らかくなり何度でも使用可能なプラスチック粘土も購入。
試してみたのは、買ってみたものの、色合いがあまり気に入らなかったキーホルダー。
この型を粘土で取り、固まったところでレジン液を注ぎ、その上からラメの粉をふりかけ。後は気泡を潰すためとラメを均一にするため、爪楊枝で軽く混ぜ、日光の良く当たるベランダに放置してみました。
厚みが2cmほどあったので、大事を取って半日ほど放置してみたのですが、夕方には完全に硬化し、形も完全に再現されていました。
これに味をしめ、様々な形のシリコンシートや、別の色のラメ粉末、そして色付きのレジン液など、すべて100均で購入。
子供の友達への簡単なプレゼントや、お返しに、そして自分用の簡単なアクセサリにと、大変重宝しています。
プラスチックの中に閉じ込めるものは、100均のものだと味気ない場合は、少し割高にはなりますが(それでも数100円程度)、大型手芸店などで売っているパーツなどがオススメです。
注意点としては、レジン液自体に独特の化学臭がし、手指に付くのはなるべく避けるべきだ、という点と、子供がいない家庭では、幼児が口にしないよう気をつけなければならないことでしょう。
先の細いピンセットがあると非常に便利です。
また、なれないうちは複雑な形のものより、平面的なものを作ったほうがいいと思いました。
とにかく簡単で、手軽!
何となく手持ち無沙汰で、趣味を持ってみたいと思う人は、まずは試しに100均で、レジン液を購入してみることをオススメします!

今日の晩御飯はサイコロステーキと、キャベツか、白菜にします。

今日の晩御飯はサイコロステーキと、キャベツか白菜を使った何かにしようかなと思っています。
先日魚を食べたところなので、旦那はもう少しお肉を食べてからじゃないと嫌がるかなと思って、鯖はもう少しスパンを開けることにしました。
なので、冷凍庫にいるサイコロステーキを焼こうかなと目論んでいます。
昨日野菜炒めに使った吉田ソースがとても美味しかったので、今日も使いたいくらいなのですが、今日は塩胡椒で食べるのが良さそうですね。
さすがに毎日同じ味付けはやめておこうかなといったところです。
副菜に何か緑の野菜を入れたいところなのですが、さすがに小松菜が続いているような気がするので、今日は小松菜ではなく、白菜かもしくはキャベツを使って何か作りたいところです。キャベツが1玉98円だったので、丸々一つ買ったはいいのですが、なかなか消費できなくて困ってしまうのですよね。
そもそも私はあんまりキャベツが好きではないので。それでも、あと3/4使い切ってしまわないともったいないので、なんとか頑張ります。

新しいものに飛びつくと怖いことが多いです

まあ、ばばあだからだという一言で片付いてしまうことでしょうね。このばばあも、婆と漢字で変換されるようなので、漢字は悲しいです。カタカナでお願いします。動物園でのインスタも、まあ、角度によって、本物の自分よりも美しく映るのでしょうが、そこまで、しても、実際と違うのが悲しいではありませんか。若いころの写真、デモ写真よりも角度を気にせるので、年をとってから、子供にきれいだったということはできます。その時のためにあるのであればいいと思います。
ただ、現在の公開は、理解できません。特に女の子は、危険が多すぎます。親もスマホ世代なのでしょうか。ややこしいことにも巻きもまれやすいです。一時、ラインのいじめが問題になりましたが、既読スルーがある意味、そんな人だからということで理解できるようになったのは、ラインが浸透して、そこまで値注する必要がないという環境になったことがあります。新しいものに飛びつくと、怖いです。